会社案内

代表挨拶

5年間の海外生活で、アメリカと日本では人が育つ環境や教育がまるで違うことを体感しました。

今でこそ目を向けられている多様性や第二言語の英語で自己表現をするグローバルな環境は生まれた時から当たり前のものとして存在し、学生が意欲的に学び成長しようとする教育の仕組みがありました。

その経験から私のキャリアのテーマは一貫して「国際舞台で活躍できる人材を育成する」ことでした。

子どもの教育事業の経験や自分自身も父として育児に直接関わり、無限に可能性がある子どもの教育を自分が動いて変えていかなければならないと思い、独立をしました。

株式会社 M’s Conexion

代表取締役  本間 昌樹

代表者経歴

1981年生まれ。アメリカ合衆国フロリダ州Palm Beach Atlantic University卒業後、アメリカにてプロのライフガードからキャリアをスタート。帰国後、15年間教育業界にて実務経験。

英会話企業では人事・管理部門、オペレーション部門の部門長執行役員を務め、大手英会話スクールの仲間入りを果たす企業成長に貢献。大手教育企業では、0歳からの幼児・子ども向け英語教育サービスの事業部長として日本と海外の教室を運営管理し、約3年間で全国展開、事業規模が2倍となる事業成長を牽引。

教育事業以外にも、王貞治氏とハンク・アーロン氏が始めた世界少年野球大会等のスポーツ・アウトドアのイベントのオペレーションを統括するなど、様々な形で子どもの成長に携わる。家庭保育のプロ資格チャイルドマインダーを有しており、一児の父として試行錯誤しながら奮闘中。

2021年1月、子どもと保護者の育児や教育支援や教育系サービス企業のコンサルティングサービスを中心とした新会社「株式会社M’s Conexion(エムズコネクション)」を設立し、代表取締役社長に就任。